デジタル放送のコピーガード

  • (by K, 2008.10.30)

(0)

  • うちには実は地上デジタルや衛星デジタルを録画できるDVDレコーダがあるのだけれど、僕はDVDに保存したいと思う番組を録画するときは、アナログでの放送(再放送でも可)がある場合は、そちらで録画するようにしている。
  • デジタルだと確かに画像はきれいだけど、DVDに入れそこなったりするとDVDからもHDDからも消滅してしまうし(ムーブ失敗)、それに将来バックアップを取ることもできない。ダビング10対応機種なら状況は少しは改善するかもしれないけど、それでもアナログよりも不便であることに違いはない。それで、僕はきれいさと便利さを比べて、便利さを優先した。

(1)

  • そのアナログ放送も2011年には終わってしまうらしい。残念なことだ。・・・僕はデジタルオンリーになってしまったら、もしかしたらワンセグ放送を録画してがんばるかもしれない(ワンセグはコピー禁止になっていなかったはず)。僕はそれくらいコピー禁止を不便に感じている。
  • これは僕が何のためにDVDに録画しているのかというのも関係しているのかもしれない。僕が録画する最大の動機は、もし友人がこんないい番組を見損なっていたら、ダビングして見せてあげたい、というものだ。もちろん自分が後日見直すことも想定はしているが。そのとき見せたい番組が含まれるDVDを丸ごと貸し出すのは手間だ。それよりも、渡したい番組だけが入ったDVDを作って、それをあげてしまう方が、友人が僕に返す手間がなくていい。

  • もし僕が技術者だったら、デジタル放送のコピーについてこんな仕様にはしなかったと思う。ダビングも編集も基本的にアナログのように無制限だけど、所定のコピー回数を超えているものに関しては、所定の画質以上で記録されていれば、再生時に画質を落として再生する、という仕様にしただろう(これは再生時のみのフィルタで、コピーには影響しないので、2世代目のバックアップと10世代目のバックアップの再生画質は同じになる)。・・・これならアナログ放送を録画して、ダビングするのと同じ結果になるから。
  • 僕だってこんな仕様だったら喜んでデジタルで受信して保存したと思う。だってデジタルは基本的にノイズ少ない(エンコードノイズしかない?)から、これを僕がアナログで使っているのと同じ画質モードで保存しても、圧縮率はよくなっているだろう(たとえば真っ白な画面を考えれば、余計なノイズが載っていないほうが圧縮率がいいのは自明)。
  • 現在のダビング回数制限仕様なんて、どうみてもアナログより不便なのだから、よくもまあそんな仕様にしたものだと思う。設計センスのない人が適当に決めたんだろう。そしてこういう強すぎる制限は、結局はコピープロテクトを破りたいという強い衝動を生み、Friioみたいな機械の存在を招くことになるのだろう。

こめんと欄


コメントお名前NameLink

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-30 (木) 12:40:09 (4987d)