国の借金

  • これは国債の発行状態に関する話です。
  • 僕は貧乏生活がすっかり染み付いている上に、今は奨学金という借金を地道に返済している身でもあり、興味を感じてしまうのです。
  • ここに書くことは主にだれでも知っているような事実であって、ただそれをまとめて、僕の主観的なコメントをつけただけです。
  • 日本政府の家計簿:
    • 参考:http://www.kirihara.co.jp/scope/keyword/200401/keyword.html
    • 平成16年度予算案のデータより
    • 支出の部:
      一般歳出47兆6320億円税金で行われるいろんなことのための費用
      国債費17兆5620億円今年支払わなければいけない国債の返済
      地方交付税等16兆4935億円地方自治体のために分配するお金
      そのほか4234億円合計があわなかったのでとりあえず導入
      (合計)82兆1109億円
    • 収入の部:
      税金41兆7470億円みんなから集めた税金
      国債発行36兆5900億円お金が足りないので借金
      それ以外3兆7739億円たとえば罰金など
      (合計)82兆1109億円
  • これをみるとまあ一般的な反応として、まずは82兆円なんてなんとでかい金額なんだ、そのうちの1万円くらい僕にちょうだいよ、とかまあそういう感じのことを言う人がいると思いますが、そういうこといってもしょうがないのでその観点はパスします。
  • 僕が気になるのは、借金の部分です。総額82兆円なんていうと実感が湧きにくいので、仮に税収100万円として、上記の数字を直してみます。
    • 支出の部:
      一般歳出114.1万円
      国債費42.1万円
      地方交付税等39.5万円
      そのほか1.0万円
      (合計)196.7万円
    • 収入の部:
      税金100.0万円
      国債発行87.6万円
      それ以外9.1万円
      (合計)196.7万円
  • これなら分かりやすいです。つまり、年にお給料が100.0万円の人がいて、まず借金の返済に42.1万円使って、その後いろいろ使っていくとお金がなくなって、結局87.6万円もの借金をしているということなんだと思います。
  • これってどう見ても破産まっしぐらです。非常に救いがたいと思うのは、仮に借金返済がなくても、差し引き45.5万円の赤字なわけで、つまり本質的に浪費家的家計簿だと思います。単純な結論として今すぐ税率を上げるか支出を下げるべきだと思うんですが・・・。
  • 僕の奨学金は延滞しない限りは利息がつかないタイプのものなのでいいのですが、一般的に借金は利息がつきます。最近の国債の年利は1.5%前後のようですが、これはつまり100万円借りたら1年後には101.5万円返さなければいけないということで、1.5万円の損なわけです。
  • 利息がある以上、どうせ返すなら早く返済し終わるほうが得です。返済が遅れれば遅れるほど、利息の占める割合が増えます。それなのに、返済するどころではなく、借金を増やしているなんて・・・。
  • うーん、結局のところ、政府は永遠に借金をしつづければいいと思っているのでしょうか。このまま行くと借金返済額が毎年増えていくと思うのですが、そうすると毎年の収入が100万円程度のくせに、借金の返済が200万円くらいあって、しかも毎年155万円はないと生活していけないとかいって、また借金を255万円もしなければいけない、なんてことになりかねません。
  • この返済200万円時代を想像してみましょう。
  • 国債が無事に売れているうちはまだいいですが、こんな綱渡り的な会計が信用できるでしょうか。国債が売れ残ったらピンチです。すくなくとも100万円は売り切らなければいけません。100万円分を売れば、税収100万円と合わせて、とりあえず今年の返済はできます。残りの155万円分がうれればそのお金で国の事業が何とかできます。155万円に達しなければ、その範囲で切り詰めた生活をするしかありません。
  • もし100万円分が売れなければ、今年の返済分の200万円が返せないことになり、返せないとなると、一気に信用を失い、今後全く借金ができないか、もしくはとんでもない高金利しか道はなくなります。だから意地で売らなければいけません。あまり売れないものを無理に売るには、やはり金利を上げるしかないでしょう。1.5%ではなく5%とかにしなければいけないかもしれません。
  • 金利をあげざるを得なくなれば、もう借金残高はどんどん増えて、来年以降の危機はより深刻になります。
  • ・・・だから、借金返済額が自分の収入を上回るようになってはいけないと思います。それだけはいけないと思います。そうなってしまうと泥沼になるとも思うのです。
  • 国債の返済はだいたい10年くらいだと思うのですが、そうだとすると、今87.6万円の借金をすれば、10年後には利息を含めて101.6万円の返済が待っていると思います。これは100万円の収入からすれば大ピンチです。
  • 結局、十分な返済計画のないままに安易に借金するな、というそれだけのことなんですが、僕は不安です。非常に不安です。どのくらい不安かというと、この不安の解消のために、全ての税率を2倍にします、といわれても、この際しょうがないか、と思ってしまうくらいです。とりあえず2倍にすれば、新規の借り入れなしに借金を返済できます。もちろん、今年から2倍にしないで来年からにしようとか、いやいや10年後からにしようとかいうことは可能ですが、後ろへずらせばずらすほど苦しくなり、たとえば10年後からこの方法でやるとなると、2倍では足りず、2.5倍以上にする必要があります。
  • もちろん2倍にするというのは非常に乱暴でひどい解決方法ですし、もちろん他の方法も検討するべきですが、とにかく僕はこんなひどい方法ですらやむをえないなと思ってしまうほどに、この現状に不安を感じているのです。
  • 貯金をすることがあったら、日本円だけじゃなくて、外貨預金を併用するべきなんでしょうか。借金の少ない国ってどこかな???・・・このまま10年以上借金の額が順調(?)に増えていったら、僕は間違いなく貯金の半分を外貨で持つようになると思います。・・・もっともそのときまでに僕に貯金ができるかどうかは分かりませんが。

追記 (2004.09.14)

  • 現時点で、国債残高は総額483兆円だそうです。個人が住宅ローンなど銀行でお金を借りる際に、普通は年収の3倍を上限にしているといわれています。でも今は金利が低いせいか、年収の5倍まで貸してくれるところが多いそうです。もしこのルールを日本政府に適用すると、国債発行によらない年収は50兆円未満ですので限度額は250兆円くらいになるでしょうか。・・・とっくに超えています。
  • 国債は担保がない借金です。だからもし日本政府が支払不能になってしまったら、そりゃ政府を散々非難することや、次の選挙で仕返しをすることはできるかもしれませんが、とにかくお金は返ってきません。国債を買う人は、この悲惨な状態(年収の10倍を超える発行残高)という現状を理解しているのでしょうか。日本政府を一方的に信用してお金を貸しているんだという認識があるんでしょうか。たしかに日本政府に支払能力があるうちはもっとも信頼できる債権ですが、その支払能力はそろそろ怪しくなってきているような気がします。
  • なお国債発行は毎年ハイペースで増えていますが(借金が減らせなくて、さらに新規の借金をどんどん作っているのだから、当然の結果ではある)、銀行はあまり買ってくれません。いや、ちゃんと毎年買い入れ額は増えていますが、その伸びではカバーしきれないほど国債が多すぎるのです。それで国債を個人で買えるようにしてみたり、金利連動型国債を作ってみたりしています。・・・僕が言いたいのは、ついに発行した国債を全部裁くのが難しくなってきているということです。今はこんな方法でごまかしていますが、この方法が十年間続けられるかどうかは大いに疑問です。そしてついに売れ残りが出始めたら、危機が始まります。
  • 政府はどうするんでしょうか。
    • 1.足りない分は税金を引き上げて(&支出を減らして)なんとか未払いを避ける
    • 2.滞納する
    • 3.日銀に国債を無理やり買い取らせる(つまり円を発行する)
    • 4.破産を認めて債権放棄してもらう
  • それぞれについて考えてみます。
  • 1.の場合、待っているのは大増税時代です。10年後に大増税しなきゃいけないのなら、今から増税してでもさっさと返せばいいのに。破産寸前になってから対策するからかえって損害が大きくなるんですよ。
  • 2.の場合、国債の信用はがた落ちです。よほど利率を上げないと新規国債は売れなくなるでしょう。こうなるとこの悪循環から抜け出すのは難しくなり、他の選択肢を併用せざるを得ないと思います。
  • 3.の場合、インフレになります。大円安時代の始まりですね。日本円の価値がなくなります。
  • 4.僕はこれが一番いいと思います。というか、1と4の組み合わせがいいです。どうして債権放棄がいいのかというと、国債を買った人(=つまりお金を貸した人)の責任が問えるからです。国がこんなバカみたいに借金をした背景には、お金を貸す人がいたからです。4.以外の選択肢は、国債はもうだめだと思って買わないでいた賢明な人も等しく損害をこうむります。そんなのはよくありません。もちろん債権放棄は50%とか、それくらいにするべきです。債権放棄するともう国債の信用はないでしょう。だから新規発行はかなり難しいでしょう。そのぶんは1.の方法でがんばって返します。
  • 4の方法を使わない場合、日本経済には大きなダメージがあるでしょう。もちろん4の方法を使っても1を併用しなければいけないのでダメージはありますが、ダメージは小さくて済みます。
  • ということで僕の結論は、以下のとおりです。
    • 1.日本政府はもう国債発行残高を増やすな。とにかく少しずつでいいから返しなさい。返すためには増税してもいいから。先送りにすればするほどひどくなる一方だぞ。
    • 2.これから国債を買おうと思う人はできるだけやめたほうがいいと思います。国債を買うということは日本政府を甘やかし、事態を悪くすることです。どうか他の方法で蓄財してください。また国債を買ってもちゃんと償還される保証は怪しくなってきていると僕は思います。その辺もよく考えてみてください。・・・よく考えた上で、それでも買いたいという人を無理に止めるつもりはありません。

追記 (2006.04.14)

  • 国が適当に借金をして、それを何とかするために税金を上げればいいなどということを2年前に考えた僕はバカです。そんなのはろくな結果にならないと思います。
  • 当時の政府(およびその予算案に賛成した当時の国会議員)は、なぜ借金を許可したのでしょうか。今は苦しいけど、これで景気対策などをやれば景気が上向いて、後に税収が増えてあとで返せるはずだと思って借金したはずです。すくなくともそういう説明が国民になされていたように思います。10年後に大増税(=税率up)して返すつもりです、なんて誰も言っていませんでした。
  • そうであるならば、増税は絶対にするべきではないし許すべきでもありません。「お金がないから増税します」「お金があるので予算を無駄遣いします」なんていうのは無計画もはなはだしく、そんなのを国民が受け入れてしまったら政府は「なんだ借金はいくらしても最後には国民にたいしてこのままだと政府は破綻するぞと脅せばいいや」と思うだけです。そうなったらもうオシマイです。
  • 日本政府はもっと苦しむべきです。無計画に借金してしまった罪の重さを認識するべきです。もしかしたら苦しみに耐え切れずに死ぬかもしれませんが、その場合は死んでもいいです。自業自得なのです。・・・税率を上げられないとしたら、債権放棄か倒産か日銀による買い上げしかありません。債権放棄もできず、日銀も買い上げてくれないとしたら、倒産しかありません。倒産が見えてきたら、新政府を作ろうという公約を掲げた政党が現れてその政党が新政府を立ち上げ、公務員も全部新基準で採用をやり直すことになるでしょう。それでいいのだと思います。
  • こういう新政府もありうるのだとしたら、日銀だって国債を買い上げるかどうかをよく考えると思います。国債を買い上げるということは、破産の近い(?)日本政府と運命を共にするということであり、その場合は円の価値はやがてぼろぼろになるでしょう。しかし国債の買い上げをしないでいれば、今の政府がダメになってもお金の価値はそれなりに維持され経済は守られるのです。日銀がどうすべきかは自明だと僕には思えます。これは日銀に限らず、国債を買っている他の一般の銀行にも言えることです。
  • 今も日銀や他の銀行は国債をたくさん持っていると思いますが、こういう結末が見えつつある以上、さっさと売却しちゃったほうが得策じゃないかと僕は思います。
  • 国債がいっぱいあっても政府は資産を持っているから問題ないと言う人もいます。そのとおりかもしれません。僕がこんな変な意見を書いたせいで国債の信用が少し下がって国債金利が上昇するかもしれませんが、しかし本当に資産などに裏打ちされた返済能力があるのなら、問題はないはずです。心配せずに金利の上がった国債を買ってお金持ちになってください。本当に借金を上回るような十分な資産があるのなら、政府が破産で清算されても国債は全額還ってきます。

こめんと欄


コメントお名前NameLink

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-14 (金) 17:23:24 (5960d)