エコキュート

  • (by K, 2008.08.25)

(0)

  • 我が家の風呂がま給湯器が壊れた。これじゃあ給湯もできないしお風呂もたけない。それで母念願のエコキュートにしようということになり、僕が散々調べることになった。これで何日かつぶれた。くやしいので現状での結論をメモしておく。

(1)

  • 僕の調べた範囲では、カタログスペック的に最も高性能なのは、コロナのCHP-HX371DA8かなと思った。年間給湯効率(AFP)は3.5だし、ヒートポンプのCOPもかなり高いらしい(値は失念)。しかし取扱店がやや少なめで、価格競争が少なく、結果として販売価格が高い。これじゃあ残念だけどうちでは買えない。
  • 取扱店が多くて性能も十分にいいものということで探してみると、なんとなくダイキン製がいいのかなと思った。最新機のEQ37JFVが送料・税込みで302,400円で売っているお店を複数確認した。これはすごい。性能も年々よくなっているのに、安くなったもんだ。AFPは3.2らしい。値段を考えればこれは十分にいい(コロナのCHP-HX371DA8だと本体価格50万円未満を見つけることすら出来なかった)。
  • しかし機械だけ買えばいいというものではない。工事しなければいけないのだ。工事費用の相場が、標準工事だけだと12万円くらいからで、うちの場合、はたしてそれで済むのだろうか。まあ見積もってもらえばいいだけなんだけど、見積もる前から不安がいっぱいだ。そもそも設置スペースも、ダイキンのホームページで調べたら、奥行きが160cm以上必要で、幅も200cm必要とある。現在の風呂がま設置位置周辺にそんなに広いスペースはないよ・・・。いくつかのマンホールをつぶせば何とかなるかもしれないけど、それにしたってまずコンクリートをうってもらって安定したプラットホームを作るとこからやってもらわないといけないかもしれない。というか、風呂がま周辺のこのガス配管もじゃまなんじゃないか?まずはこれを撤去するべきなんじゃ?・・・うわー、こんなのきっと標準工事には入ってないぞ。い、いくらになるんだ・・・。
  • ということで結局エコキュートそのものをひとまず見送る方向で再検討中。僕の現状の結論というか感想としては、ガスの風呂給湯器に最適化された設計の家にエコキュートを後からつけるのはかなりお金がかかりそうだということ。

(2)

  • エコジョーズなるものを発見。調べてみたら、ようするに熱効率を改善した給湯器らしい。エコキュートとは違うからタンクも要らない。行政からの補助金も出る。まあ確かにこれは何もしないでいるよりはよさそうだ。ただちょっと高い。うちはお湯をそんなには使わないので、はたしてエコジョーズで元が取れるんだろうか。もちろんエコジョーズのほうが環境にはやさしいと思うんだけど、でもうちのようにそもそもお湯をあまり使わないというのは、もっといいのだ。
  • 少なくともエネルギー効率面で言えば、エコキュートとは比べ物にならない。エコジョーズのホームページが、エコキュートなんてCOP3とか4とかいったって、それはヒートポンプ単独の性能で、タンク内で放熱して失われる分も入れたらCOPは1.9程度になるに違いない、みたいなことを言っている。でもそれを言ったら、エコジョーズはCOP0.95にしかなっていないわけで(従来機はCOP0.8)、どっちにしても2倍まけているじゃん(笑)。それなのに何を偉そうに。ちなみにタンク内での損失も考慮した総合効率が多分AFPに相当すると思うから、コロナの最新機種なら3.5もあることになる。
  • エコジョーズを売り込むんだとしたら、そういう言い方ではなくて、現状での理想はエコキュートなんだけど、値段が高いし設置条件も厳しいから、不適合ならエコジョーズなんてどう?というのがいいんじゃないかな。エネルギー効率は2.0〜3.7倍くらい劣るものの、それでも従来のふろ給湯器よりは19%くらい改善できますよ、と。

(3)

  • 考えてみると、そもそもなんでエコキュートにはあんな大きなタンクが必要なんだ?そうとも安い深夜電力でお湯を沸かしてそれをためておくためだ。しかし深夜は当然外気も冷たいわけで、ヒートポンプ性能も落ちる。だからもし電気代が一定なら、ヒートポンプは昼に回したほうがいいはずだ。というか、タンクにためても徐々にさめることを考えれば、使うときにヒートポンプをどんどん回したほうがいい(すぐにお湯が出せるように少しはためておくとしても)。
  • これを現実的にするためには、安い深夜電力をためて昼にそれを使うような電池があればいいんだ。そうとも、電池ならタンクよりも小さく作れるんじゃないか?それに電池ならヒートポンプ以外にも使えるかもしれない。そうすると昼間どんなに電気を使っても全部深夜料金でしか請求されないなんてことすら可能かもしれないじゃないか。これはいい。
  • ここで問題になるのは、充電池の効率だろう。あとで1ジュールのエネルギーを取り出すために、その何倍もの電気を使って充電しなければいけないようでは全く損だ。今の電力料金体系だと、せいぜい2倍くらいでおさえたいところだ。どうすればいいんだろう。ニッケル水素とかリチウムイオンとかの電池がだめなら、コンデンサみたいなほうほうではどうだろう?それもダメなのかな。・・・うーん、何か重い荷物を夜の電力でじわじわ持ち上げて、その位置エネルギーを開放することで発電機を回転させる、みたいなのでもいいよ。持ち上げるとかいうと重力限定みたいだけど、重力じゃなくてもよくて、バネを押し縮めるとか。なんかいい方法ないかな、一時的に電気エネルギーを蓄える方法。

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/二次電池
    • これをみるとなんかすごい効率の電池がいっぱいあるぞ!こんなにいいのにやらない理由はなんだろう。やっぱり装置が高いということ?

(4)

  • ちなみにうちではエコジョーズですらない普通の風呂がま給湯器を選択することにした。エコジョーズでは燃費が13%改善されて数年で元が取れるとされているが、あまりお湯を使わない我が家では分母が小さいのでその13%分の改善もわずかで、そうすると元が取れる前に寿命が来るんじゃないかという不安があったため。またエコジョーズだと取替え工事費用がより高くなりそうだということも今回は見送った理由。
  • ちなみに機種はリンナイのRFS-A2003SAで、本体+リモコン2つ+工事費+消費税で128,300円になった。これはかなり安いはず。がんばって一番安いところを探したので。この良心的な値段でがんばっているお店は、 http://sanken-amenity.co.jp/ だ。
  • ありゃ、もしかしてこっちのほうが安かったかも。 http://www.life-adj.co.jp/pricelist.html
    • こっちだと126,136円だったか・・・2,164円負けた・・・。
    • 先ほど工事完了。どんな作業をするのかじっくり見学したんだけど、(しろうとの僕から見る範囲では)とても丁寧にやってくれていた。特に、途中で上水道のバルブの老朽化が見つかり(みせてもらった、本当にひどかった)、追加料金なしでわざわざ交換部品を買いに行って交換してくれたのには感激(部品代すら請求されなかった)。・・・結果的に http://www.life-adj.co.jp/ よりも安上がりだったのではないかと思う。
  • RFS-A2003SAは給湯部分の熱効率が83.8%もあって、非エコジョーズ機種の中ではなかなかいいほう(非エコジョーズ機種での最高値は84.2%)。

こめんと欄

  • 同じエネルギーを家まで持って来ようとした時、電気は都市ガスに比べて -- 名無しさん 2010-06-24 (木) 22:47:54
  • 同じエネルギーを家まで持って来ようとした時、電気は都市ガスに比べて2.7倍の燃料が必要で、さらに3.8倍のCO2を発生するから、機器効率はそれ以上良くないとエコジョーズに負けるのだが。。。 -- 名無しさん 2010-06-24 (木) 22:53:32
  • 天然ガス⇒都市ガス⇒導管輸送⇒家 効率100%、CO2発生量0.051kg/MJ -- 名無しさん 2010-06-24 (木) 23:07:26
  • 燃料⇒熱⇒運動エネルギー⇒電気⇒電線⇒家 効率36.9%、CO2発生量0.192kg/MJ -- 名無しさん 2010-06-24 (木) 23:09:25
  • それは送電を前提にしていると思うので、僕の前提とは違います(僕は最終形態として太陽光発電を計画している)。またうちは都市ガスではありません。名無しさんには名無しさんの結論があると思うので、どうぞ名無しさんのおうちでは好きにしてください。 -- K 2010-07-01 (木) 02:19:56
  • エコジョーズと普通の給湯器の価格差で普通の給湯器を買う人が、最も費用対効果が悪く、どうやっても赤字にしかならない太陽光発電を計画しているとは思いもしませんでした。申し訳ありません。あと、都市ガスでないなら確かにエコジョーズには魅力は感じないかもしれません。 -- 名無しさん 2010-07-01 (木) 23:19:23
  • あと、「二次電池」と言う話があったのですが、お察しの通り、夜の電力を貯めて昼エコキュートをまわすような二次電池を置くとしたら、100万円以上かかります。さらに3年に1回ずつくらい交換が必要です。 -- 名無しさん 2010-07-01 (木) 23:31:45

コメントお名前NameLink

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-01 (木) 23:31:45 (3120d)