* sar形式のバージョンアップ
 -(by [[K]], 2020.03.15)
 
 ** (0)
 -要するにもっとコンパクトなsarを考える
 ** (1)
 -ビットストリーム長をhh4で書く(4ビット単位)
 -ニブルストリーム長をhh4で書く(8ビット単位)
 --ビットストリーム長が奇数の場合は、ここの値を2倍してから1を足す
 --偶数の場合は足さない
 -ファイル内容以外のバイトストリーム長をhh4で書く
 -残りはファイル内容
 ** (2)
 -ディレクトリ
 -ファイルID, ファイル名, タイプ情報, タイムスタンプ類, フラグ類, サイズ類
 -これらをどう格納しているのかをディレクトリごとに指定
 -親ディレクトリに準じるという指定も可能
 -ファイル名はバイトストリームへ(90x90=8100:13bit方式は、ファイル名に対する圧縮がきかない)
 -ファイル名は、1〜8バイトだろうか?それともそれより長いのが普通だろうか。
 -拡張子型タイプというのはどうか。つまりファイル名に付与する。実際の中身は関知しない。
 -これを前提にするのならファイル名が8バイト以下なのは十分にあり得る。
 -じゃあ、ファイル名長はASCIZではなくhh4で書こう。
 
 -デフォルトでは、ファイル名(長さはhh4+1)、拡張子型タイプ(hh4)、タイムスタンプ1個、サイズ1個(hh4)にする。
 
 ** (3) 日付
 -年は2020に対する差分でいいだろう、符号付き整数で。
 -月は4bit、日は5bit、時間は5bit、分は6bit、秒も6ビット。この部分の合計は26bit。
 -じゃあ秒の下2bitは、以下で表現させることにしよう。そうすればバイトストリームにかける。
 -そしてそれより下のビットも好きだけ書ける。ニブル単位でビット長を書き、そのあとにニブルフィールドで書く。
 -いや、月も含めて全部を1つのフィールドと解釈して、ビット長を書く。
 -年については、ディレクトリごとにベースを指定する。
 -また月を0にすれば、フィールドをヌルにできる。

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS