地域ICT未来フェスタ2006inにいがた の覚え書き

  • (2006.11.03 by K)

新潟につくまで

  • 交通費がいただけることもあって新幹線で行こうと思ったけど、当日の早朝発の場合、東京駅に朝早く着くのが困難っぽい。ベストを尽くしたとしても新潟駅着が9:30っていうのは、講演が10:00からということを考えるともうだめっぽい(不可能ではないけど余裕がなさ過ぎる)。ということで高速バス決定(笑)。
  • しかし高速バスで料金の支払いかたをまちがって、手数料を300円も損した。以後気をつけよう。
  • 品川からバスに乗る。品川に行くに当たっては、時間に余裕があったのでboyaki_a/00016でJRの運賃を節約した。
  • 越後川口SAで、えびカツ(90円)を食べた。おいしかったー。またたべたい。

10/28(土) 午前

  • たしか6:00くらいに到着。とりあえず駅弁を買う。奮発して鮭すし(1,050円)とおちゃ。そして万代橋まで歩いて、朝焼けと信濃川と朝日に染まるきれいな町並みを眺めながら、朝ご飯。
    • 途中、万代クロッシングを偶然通って、ちょっと勉強になった。
    • おっとその前に、新潟駅ではもう一つ発見。新潟市は2007年から政令指定都市になります。日本海側初です。2008年には横浜市といっしょになって、港湾サミットをやりましょう!みたいなポスターがたくさんあった。まさか新潟まで来て「横浜市」なんていう単語を目にするとは!
  • 鮭すしは、富山でますのすしを何度か食べたことのある僕にとっては、ちょっと物足りない気がした。でもそれは最初のほうで、最後まで食べるうちに、これはこれで風味があっておいしいなと思うようになった。まんぞくー。
  • 食べ終わってぼーっとして、気が付いたら7:30。まだ待ち合わせの9:00には時間があるので、会場の朱鷺メッセ方面に向かって移動開始。信濃川に沿って歩く。そしたらすごいことを発見。万代橋よりも下流は、なんと新潟港だったのか!(帰ってきて調べたら、こういうのは河口港というらしい。なるほど)。ということで、漁船やヨットがいっぱい。かもめの声も聞こえてきた。なんかたのしい。朝早くから魚釣りをしている人もいた。
  • ・・・と散策していたら結局朱鷺メッセについてしまった。まだ8:00。時間があるのでさらに先に進み、となりの佐渡汽船まで行ってみた。乗るつもりはないんだけど、なんかたのしい。トイレがきれいだったのも印象的。しかし佐渡まで行くのはこんなにお金がかかるのかー。行く予定はないけど、ちょっとため息。ジェットフォイルはさらに高くて泣けるけど、でもなんかかっこいいのでいつかのってみたい気がする・・・。
  • 汽船の駅(?)の建物のすぐ横では、フォークリフトが荷物を上げ下ろししていた。それがなんとも面白くて、15分くらい眺めていたと思う。運転がうまいなあ。
  • そしてなんだか急に眠くなって、15分ほど日なたのベンチでうとうと・・・。
  • そんでもって、汽船の駅の横にある新潟港の資料館みたいなところ(無料)に入って、見学。なかなか面白い。で、9時になったので朱鷺メッセへもどる。
  • 朱鷺メッセでは本間さんに案内してもらって、無事に講演会場に到着。準備に入る。プロジェクターの解像度がすごく良くて感動(800x600モードの1ドットも見える!)。よく見るとレンズに細かいホコリがたくさん付いている気がしたので、ジャンプしてハンカチでごしごし。そしたらさらにくっきり!・・・じゃあもっとふきふきしようと思って思いっきりジャンプしたら、プロジェクターの光がまともに目に入って、10分間ほど激しい残像に苦しむ(笑)。うぉー。
    • 何とか視力が回復した後で、もちろんふきふき再開しましたよ。
  • 肝心の講演は、なんと2時間もあり(10-12時)、これは僕にとっての最長記録。ということでプレゼンテーション用のページ数も最大で、.sh1ファイルを前半後半で別々に用意して、2ファイルでやりました。そして講演は何とか無事に成功。

10/28(土) 午後

  • その後本間さんに会場を案内してもらって、おそばとあぶら巻き(のりまきににているけど、のりじゃなくて、あぶらあげ)をごちそうになった。ありがとうございました。
  • で、13時からはあのピーターフランクルさんの講演があるということで、参加。これは形式としてはNTTが枠を取り、NTTがフランクルさんを呼んだということになっているようだ。ということで最初の30分はまきはらさんの音楽をBGMにして、NTT光の宣伝が。宣伝はイヤだけど、BGMがいいのでとりあえずごきげんな僕。
  • フランクルさんの講演は楽しかった。で、終わった後にはサイン本の即売会もあって、サイン欲しさに僕も一つばかり購入&握手してもらった(僕は本ではなく、アルゴというカードゲームを買った)。超うれし〜。
  • 本間さんにいただいたボルビックのペットボトルがどうしてもあけられなくて、本間さんにあけてもらう。なんか簡単にあいた。なぜだ!僕の握力はそんなにしょぼいのかっ?!
  • その後、1Fの企業ブースを見学。いろいろあった。NHKブースの3Dテレビは印象深い。今まで3Dテレビはいろいろ見てきたのでそんなに新鮮というわけじゃないんだけど、なんかNHKのブースで見せられてしまうと、そう遠くないうちに放送されるようになるのかなーなんて。南極探検隊のブースもおもしろかった。探検隊が実際に11年間使った雪上車にも乗った(4月に引退したけどまだ動くらしい)。これが長岡で製造されていたとは!
  • なんとなくおいしそうだったので、もち豚の串焼き(400円)も食べた。おいしかった。いまごろ、東京OSCではみんな楽しくやっているかなーと思いをはせる。
  • 斉藤さんに新潟のお赤飯をごちそうになる。色も味も違う。あずきじゃない。でもおいしい。さらにおこわまでいただいてしまった。ありがとうございました。
  • まだ時間があったので、朱鷺メッセの横の高いビルの31Fにある展望室へ行ってみた(無料)。ちょうど夕日。すごくきれいだった。しばし感動。
  • シングルイン新潟第1にチェックイン。朝食はご飯とお味噌汁だと思っていたら、パンだった。えー、前はパンじゃなかったよー。って前はシングルイン新潟第2だったな。そうか違うのかー。インターネットに接続されたノートPCが一つおいてあって、これは無料で使えるっぽい。機会があれば使おう。
  • で、近くのお店でNPO新潟オープンソース協会のパーティ(OSC新潟の懇親会と同じ場所)。そこで、ヤマハのルータの開発者として有名な平野さんとお話できた。さらに明日の観光プランについてたくさん教えてもらう。なんかすごくたのしい。みなさんありがとうございました。
  • 実は日曜日の予定としては、前に行ったおすし屋さんでランチを食べようと思っていたんだけど、そしてまた朱鷺メッセに行って唐沢俊一さんの講演をきこうと思っていたんだけど、ここで教えてもらった観光プランのほうが面白そうなので、変更した。
    • でも天気予報によると明日は午後から雨・・・。
  • ホテルに帰ってきた。バスでは寝不足だったのでさすがに疲れた。おやすみなさい!

10/29(日) 午前

  • 村上駅に行って産卵に戻ってきた鮭を見る、というのが今日の目標。朝起きて天気予報を確認。やっぱり15時頃から雨。むう。しかもいろいろ教えてもらったのに記憶があいまい。でも「村上」という駅名を思い出せたので、まずはここに行くのだということで、新潟駅へ。
    • おっとその前に。ホテルの朝食は(上記のとおり)予想に反してパンだったけど、これが結構おいしかった。ゆで卵が付いていたのもなんかうれしい。これならパンでもいい!・・・朝食といえば、朝起きて昨日斉藤さんからいただいたおこわをまだ食べていないことに気が付いてびっくり!おお、早く食べないと悪くなるぞー。ということでおいしくいただく。それから食堂に降りてパンを食べた。もしかしたらパンでもいいかもって思えたのは、このおこわのおかげかもしれない。
  • 荷物のうち、リブレットとか「30日でできる!OS自作入門」とか着替えとかを村上に持っていく必要は全くないので、コインロッカーに預ける。しかし100円玉が足りない!ということで、Suicaで決済できるコインロッカーを見つけてそこに預けた。へえ、これだと鍵がSuicaになるんだあ。
  • 切符売り場で探したら、路線図の右のはしに「村上」駅を発見。片道1,110円かあ。あそうだ、なんか1dayきっぷを買ったほうがいいと教えてもらったような気が。どれどれ、おうあった、これだと1500円で乗り放題なのか。ほんとだ往復することを考えればこの方が安い。
  • そういえば、なんとかっていう特別列車で行くのがおすすめだったよなあ。でも名前が思い出せない!ということで、駅備え付けの時刻表を見てみる。この新潟-村上は羽越線だから、その辺に書いてないかなーと。ああわかった、「きらきらうえつ」だ!・・・なるほど、この「えちごワンデーパス」があれば、あとは指定席のための510円を出すだけでいいのか。
  • ということでみどりの窓口へ。しかし「満席です」。出発20分前だし、なんか人気ありそうな列車だから、まあそりゃそうだよな。ということで普通列車でのんびり行くことになった。これはこれで楽しそうだ。それに安い(510円分のことを言っている)。
  • たしか9:50の新潟発に乗った気がする。で、途中にいろんな駅があって、1時間半くらいで村上駅に到着。途中駅のほとんどでSuicaが使えるらしいのに驚いた。村上駅では、黄色の地図が無料でもらえたのでそれを頼りに「イヨボヤ会館」へ。この施設の名前も昨日教えてもらったもの。でも、地図を見るまで思い出せなかった。
    • 電車に乗っている間、何度も睡魔に襲われた。どうも体力が完全には戻っていないらしい。景色を見るんだー、もしかしたら日本海が見えるかもしれないじゃないかーと、自分を励ました。でも結局窓から日本海が見えることはなかった。そのかわり山が見えた。きれいだった。
  • 村上駅を出ると道には「ようこそ村上へ」「Welcome to Murakami」の旗がたくさんあった。なるほど、観光地なのね。・・・地図をたどっていく。時々不安になって空を見る。まだいい天気。「イヨボヤ会館」までは心配なさそうだ。
  • 途中で鮭の干物?らしきものを見かける。干物といっても、おなかのところをちょっと切ってハラワタを出してあるだけで、魚としての原形はかなりとどめている。ひもを付けて屋根につるしてある。・・・今になって考えると、これは「塩引き鮭」というもののようだ。
    • 実は「塩引き鮭」は食べていない。このレポート?を書くに当たって村上産の「塩引き鮭」についてあれこれ調べていたら、くうう、なんだか食べてみたくなってしまったではないか!うーん、これは通信販売で買ってみようかな・・・。なんていうか、やっぱり「塩引き鮭」ってどんなのものなのか一度は食べてみたい〜。
    • http://miomoteya.com/p-faq.html
      • しかし冷静になって考えると、これはすさまじく高価ではないか!ううう、悩む〜。
    • http://www.iwafune.ne.jp/~iyoboya/goods_form2.htm
      • この切り身パックなら買えるかも?!
  • (つづく)

10/29(日) 午後

  • おなかがすいたので、駅の中の本屋さんで新潟のガイドブックをチラチラと見て、おいしそうなラーメン屋さんを発見(本屋さん、本を立ち読みしてごめんなさい!初日だったら買うんですが、もうラーメン屋さん以外にガイドブックを使う予定がなかったので・・・)。・・・ということで、覚えた地図を頭でたどりながら、ラーメン屋さん「万人家」に行って「ちゃーしゅーめん」を食べた。おいしいー。確かついたのは20:10くらいだったと思う。
  • 帰り道に100円ショップによってみた。なんかいろいろあった。これは安い!と思うものがいくつかあったけど、1つしか買わなかった(99分タイマー)。サンタさんになるための衣装も売っていたんだけど、これが105円っていうのは、ちょっと安すぎるんじゃないかと思った。
  • さらにドンキホーテにも寄り道した。100円ショップで見たのとよく似たサンタさん衣装セットを発見。ふーん、今はこういうのが売れる時期なのかあ、と値段を見たら1,500円とかになっていた。やっぱりさっきの100円ショップはすごかったんだなあと感心。ドンキホーテでは、ゲームセンターCXのDVDが上映されていたのでそれを見入ってしまった。これはたのしい。他にもいろいろ見たけど覚えていない。最後に無料でアルカリイオン水(だったかな)を飲めるコーナーがあったのでいただく。
  • しばらくぼんやりとベンチ(忠犬タマ公の前)に座り、休憩。足が痛くなってきていて、たったままでいるのがつらい。階段を上るときにいつもより足が上がっていないことに気がつく。
    • 余談だけど、この忠犬タマ公のえらさはかなりのものだと思う。少なくともハチ公よりはずっと上だ。人命を2度も助けている(のべ計5人)。
  • 時間が迫ってきたので、コインロッカーを開けて、そんでバスに乗って、帰る。途中で高坂SAで「もち豚のメンチカツ」(200円)を食べる。おいしいんだけど、これならえびカツx2のほうが僕ごのみかもなあ。でも↓のコメントにあるように、ソースが要らないというおいしさであることは僕も同感。
  • 帰りは電車の間隔が広かったので(朝早いので)、boyaki_a/00016はやらなかった。というかもう疲れたまずは早く寝たい〜。

リンク

こめんと欄


コメントお名前NameLink

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-03 (金) 11:34:55 (5717d)